みなさんの中には「ヒトカラ」、つまり一人でカラオケボックスに行くのを恥ずかしいと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、私はヒトカラマスター(?)ですので、ヒトカラを経験したことのない方に、そのメリットをお伝えしたいと思います。

 

ヒトカラはこんなにメリットたくさんです。

 

  • いつでも気軽に行ける
  • 同じ曲を何度でも歌え、失敗してもやり直せる
  • いちいち他人の歌を聴く必要がない

 

とにかく練習には最適なのです。

 

他人と一緒だと、好きな曲を何度も歌うのは難しいですよね。「また?」とか言われかねませんし。

 

自意識過剰になって、店員さんにバカにされるのではないかと思っている方もいるでしょう。

 

私が通ったことのあるカラオケボックスでの体験談ですが、受付の際、用紙に人数などの必要事項を書くところがありました。

 

それを見ると、人数はほとんど「1人」か「2人」なのです。かろうじて2人が少し多い程度でした。そのくらい、ヒトカラなんて普通のことなのです。平日に行くと、高齢者のヒトカラも多いみたいですよ。

 

なので、恥ずかしいと思っているのはあなただけで、店員さんは何とも思っていないと思います。フリータイムで入り、平然と8時間くらい歌っている人もいるのですから、今は一般化していると言って差し支えないでしょう。

 

最近はヒトカラ専門店も増えてきましたが、普通のカラオケボックスで問題ないですよ。

 

ただし、混雑する時間帯はカラオケボックスにとっても稼ぎ時ですので、断られる可能性があることは承知しておいてください。ヒトカラの人はあまり飲食物を注文しないので、儲からないからだと思います。

 

 

今は特に、カラオケの採点機もかなり進化していますので、練習の環境としては最適です。ヒトカラが恥ずかしいと思っている人は、練習の機会を大きく逃しているとも言えますので、早めに恥ずかしいという感情を克服して、慣れることをおすすめします。

 

なお、カラオケボックスには通常、監視カメラが室内についています。どこにカメラがあるのか分からないように設置しているのが普通なので、部屋の中で恥ずかしいマネはしない方がいいですよ!