ボイトレを受けるなら、全国展開しており、広島にも教室のあるシアーミュージック(sheer music)がおすすめです。公式サイトに書いていないことを中心に理由をお話ししますので、ぜひ教室選びの参考にしてください!

シアーミュージックのおすすめポイント

シアーのメリット1:とにかく他校と比べて発表会が圧倒的に多い!

 

発表会

 

>>シアーミュージック公式サイトはこちら

 

私はシアーを含めて5ヶ所の音楽教室(ボイトレ・ピアノ)に通った経験があります。だから、学校ごとに違いがあることをよく理解しています。

 

発表会があるかどうか、これは教室選びの上でとても大事です。

 

と言いつつも、発表会はたいていどこの教室でもやっています。しかし、その規模や内容には違いがあるというのが実情です。

 

2015年末時点での話ですが、シアーでは次の4つの発表会が行われています。

 

  • エリアライブ(年に2回程度)
  • フレンドリーライブ(年に2〜3回程度)
  • カフェライブ(東京のみ・毎月2回程度)
  • クリスマスコンサート(年1回)

 

エリアライブは、小さなライブハウスを1日借りきって行われるものです。これがシアーの中でメインの発表会になります。

 

エリアライブは全国7〜8箇所で行われます。出場できるのは各会場で30人程度ですが、2時間以上もかけてきちんとリハーサルを行う本格的なライブです。最後に上位3名の表彰があり(参加者の投票で決まります)、優勝すると次回のライブに無料で出演することができます。

 

ちなみに毎回、こんな感じの案内が教室内に貼りだされます。

 

エリアライブポスター

 

1人で1曲〜2曲しか歌えないのですが、参加費が7,000円近くかかるにもかかわらず、とても人気があって、すぐに枠が埋まってしまいます。なお、どこの会場でも出場することができますので、自分の住んでいる地域とは離れた会場に行く人(本人は「遠征」と言っていました笑)もいました。

 

フレンドリーライブは教室内で行うミニライブです。多くても参加者が5〜6人くらい(私が通っていた教室の場合)のものですが、ちゃんとマイクも使って歌います。不定期なので確実に開催されるものではありませんが、エリアマネージャーの人に伝えればやってくれます。

 

参加者同士でニックネームをつけ、その名前で呼ぶようなルールがあったりするのですが、生徒同士のコミュニケーションを促進することも目的の1つではないかと思います。会話をするきっかけが多くありますので、友達が欲しい人には向いているライブですね。

 

カフェライブについては現時点(2015年末)で、東京の原宿でしか行われていませんので、残念ながら広島の生徒さんにはあまり関係のない話になります。何か東京に用事があって、タイミングが合うなら参加することはできると思います(コールセンターに確認してください)。

 

クリスマスコンサートは楽器を習っている人向けのライブですので、ボイトレだけを習おうと思っている人は出場できませんが、見学はできます。グランドピアノのある会場で行われますので、本格的な雰囲気ですよ。出場者がみな緊張でガチガチだったのが印象的でした(笑)

 

 

発表会というのは本当に大事で、やはりボイトレに限った話ではありませんが、人前で歌ったり演奏する機会がないと力が伸びません。

 

そういう意味で、発表会をたくさん設けているシアーというのはよく生徒のことを考えていると思います。人前でこれだけ歌ったり弾いたりする機会を設けている学校はなかなかないと思います。

 

シアーのメリット2:若い先生が多い!

 

YouTubeに先生方のセッション映像がありましたので、ぜひご覧ください。札幌校の映像ですが、雰囲気はつかめると思います。

 

 

たいていボイトレ教室というのは若い先生が多いので、シアーに限ったメリットではないのですが、やっぱり先生は若い方がいいです!

 

私は以前、あえて年配の先生がいる学校に行ったことがあります。なぜかと言いますと、年配の先生の方が教えるキャリアも豊富で力が伸びるのではないかと考えたからです。

 

ただ、たまたまかもしれませんが、この試みは失敗でした。融通がきかない先生だったので・・・

 

若い先生の方がレッスンは楽しいですし、現役でライブをしている先生も時々います。レッスンがきっかけで先生のライブを見に行ってもいいですし、楽しみが増えます。

 

シアーのメリット3:先生を「本当に」選べる

 

 

先生はたいていどこの教室でも複数いますが、その中から自由に選べるのは当たり前と思うかもしれません。

 

しかし、教室によっては先生が複数在籍していても、実質的に選びにくいということが起こることがあります。というよりそれが普通です。

 

これはどういうことかと言いますと、たいてい正式に習うのは、体験レッスンの時に受講した先生にそのまま流れで決まることが多いのですが、普通の学校ですと、ボイトレのレッスンが終わった後に「次の予約はどうしますか」と聞かれ、その場で取ることが多いのです。

 

この方式ですと、その先生が気に入らないとか、先生を変えたいという時にちょっと困るのです。せっかく先生が複数いても、その先生から「次ももちろん私のレッスンを受けますよね?」というオーラを出されるからです。

 

でもシアーの場合、予約はホームページからしか取ることができません。これがメリットなのです。

 

入学すると、こういうマイページが出来ます。

 

 

そして、このページから先生と時間を選んで予約を取るのです。

 

 

そのため、先生を変えるのはとても簡単です。気に入る先生が見つかるまで、色々な先生のレッスンを受けてみるのがいいですよ。

 

ちょっとしたテクニックをお教えしますと、最初はランダムに多くの先生のレッスンを受けておくのです。そうすると先生は「この生徒さんは1人の先生に決めない、あるいは仕事の都合などで決められないのだな」と理解しますので、じっくり選びやすくなります。

 

1回では先生の実力も測りかねますし、先入観で決めるのはもったいないです。私はボイトレだけでも10人以上の先生に教わったことがありますので、教える力には差があることをよく知っています。

 

先生の人柄がいいと、ついついずっとその先生について教わり続けてしまうものですが、実力を伸ばすためには、半年〜1年に1度くらいのペースで先生を替える方がいいかもしれません。ここはとても大事なポイントです。

 

こうしたことが公式ホームページに書いてある教室はまずありませんので、入学してみるまで大抵は分からないのです。

 

シアーのメリット4:価格が安い(=コスパが良い)

 

シアーのレッスン代は、1レッスン当たり4,000円〜5,000円(税抜き)です。受講する回数が多くなると安くなります。

 

レッスンの相場(料金)ですが、相場を判断する上で見落としてはいけないのが、1回あたりの正味レッスン時間です。

 

1回のレッスンは「正味」で45分以上のところがいいです。これくらいの時間がないと、きっと慣れてから物足りないと感じるようになると思います。

 

「1回のレッスン時間は45分」とホームページなどに書かれていても、学校によっては最初の10分は自習だったり、最後の5分は次回の予約を取るための時間としてあてられていることもあります。最後の5分くらいならいいですが、冒頭に自習の時間がある教室には注意してください。シアーの場合は45分が丸々、先生のつくレッスン時間になります。

 

以前、私がシアー以外のところでボーカルを習っていた教室はレッスン時間が60分とホームページに書かれていましたが、最初の15分はCDを使った自習でした。この方式のところも2校経験していますが、これも問題ないと思います。

 

中には1レッスン30分のところもあるのですが、これでは短すぎます。2コマずつレッスンが受講できればカバーできますが、他の生徒さんの予約の都合などで1コマしか受講出来ない時もあるかもしれません。

 

シアーのレッスン時間は、

  • 12:45〜13:30(最初のコマ)
  • 13:30〜14:15
  • 14:15〜15:00
  • 15:00〜15:45
  • 15:45〜16:30
  • 16:30〜17:15
  • 17:15〜18:00
  • 18:00〜18:45
  • 18:45〜19:30
  • 19:30〜20:15
  • 20:15〜21:00
  • 21:00〜21:45(最後のコマ)

という感じになっています。

 

これを見て「あれ、先生の休み時間は?」と思った方は正解です。レッスンが続いていると、先生には休み時間はありません。

 

これはどうしてかと言いますと、先生がレッスン可として学校に提出したスケジュールが、すべて予約で埋まるとは限りませんよね。おそらくそれを見越しているのでしょう。先生には予約が入っていない時に休憩してもらうということです。

 

ですから生徒さんの予約が続いていると、たまに先生がトイレに行ったりすることもあります。でも実際に経験すると分かりますが、これくらいは許容範囲です。普段お世話になっている先生ですので気にならなくなります。

 

その後に予約が入っていなければ延長してくれることもよくありましたし、その分レッスン代が安くなっているのですから納得できます。

 

シアーの場合は月間の受講回数が多いと単価が下がるにようになっており、学校形式の教室の中ではレッスン代が安い方になると思うので、このあたりは仕方がないと思います。

 

価格については「ボイトレ教室の相場」のページもご覧ください。

 

シアーのメリット5:歌以外(楽器や話し方)も同時に習える

 

シアーミュージックのいいところは楽器や話し方も同時に習えるということです。広島校ではボイトレの他、ピアノとギター(アコースティックギター/エレキギター)が習えます。

 

ボイトレをこれから初めて習おうと思っている方ですと、楽器を教わる必要はないと思うかもしれません。

 

しかし、歌の上手い人は楽器も同時にやっていることが多いのです。楽器を学ぶことで音感が磨かれるからではないかと私は思っています。

 

私も最初はボイトレだけを習っていましたが、ピアノの弾き語りに憧れるようになって、ピアノも習うようになりました。ピアノを習い初めてみると音楽の知識も増えます。その結果、ボイトレにも良い影響が出てくるようになりました。

 

もし、あなたがいつか私と同じように楽器も勉強したいと思うようになった時、ボイトレしか習えない教室ですと、他の教室にも並行して通うことが必要になります。でも、シアーならボイトレも楽器も同じ場所で習うことができますので便利ですよね。

 

シアーでは「話し方」も同時に習うことができますので、将来、就職活動をしないといけない学生さんや、プレゼンをする機会の多いビジネスマンの方にも都合が良いのではないかと思います。話し方教室をお探しの方にもシアーはおすすめできます。

 

話し方教室って、少々地味なところが多くて・・・私は以前、別の教室に通っていた時の話ですが、話し方教室を探していて、結局ボイトレ教室に行くことにしたことがあります。その先生には仕事のプレゼンまで見てもらいました。このあたりは先生次第です。

 

ボイトレの先生でも話し方も教えられるという先生もいますし、発声の基礎は同じですので、歌が好きなら話し方教室ではなく、ボイトレ教室を選ぶのも1つの選択肢ですよ!

 

また、話し方を公式に教えていなくても、相談すれば、先生によっては対応してもらえます。声の出し方を教えるのが先生の仕事ですから、誰でもある程度は教えられると思いますので、迷うようなら体験レッスンの時に聞いてみるのがいいでしょう。

 

シアーのメリット6:空いているブースがレンタルできる

 

これは月4回以上受講しているか、レンタル権を買っている人だけの権利なのですが、空いているブースを自由に利用することができます。

 

歌の練習はカラオケボックスなどに行っている方が多いのではないかと思いますが、空いているブースがレンタルできれば、レッスンを受ける前後に利用したり、学校帰りにちょっと寄って練習する、ということもできます。

 

シアーのメリット6:一般向けのイベントを開催

 

シアーではこうした一般向けのイベントも開催しています。一般向けのイベントなので、無料で誰でも参加できます。

 

 

 

無料体験レッスンを申し込む時に知っておいた方がいいこと

無料体験レッスンを受けてみようと思った方のために、知っておいた方がいいと思うことをお伝えしておきます。

 

>>無料体験レッスンはこちら(公式サイト)から申込みが出来ます<<

受付がありません!

 

受付カウンター

 

これは私も戸惑ったのですが、シアーの教室には受付カウンターというものが存在しません。普通はどこでもありますけどね。

 

そのため、教室に着いた時に「?」と思って、部屋の奥の方までのぞきに行ってしまいました(笑)

 

教室のドアを開けたところに待合所みたいなところがありますので、そこで待っていれば、体験レッスンを担当してくれる先生が迎えにきてくれますので、静かに待ちましょう。

 

シアーは、部屋の奥に先生の控室があって、レッスンの時間になると先生が迎えに来てくれるという方法を採っています。初めての人にはちょっと分かりにくいので、このことは覚えておいてください。

 

銀行のキャッシュカードを持参しましょう

 

キャッシュカード

 

体験レッスンを受け、入学しないことももちろんできるのですが、その場で入会したいと思った時のために、レッスン代を引き落とす予定の口座のキャッシュカードを持参しましょう。

 

というのは通常、銀行引き落としの場合、用紙に口座番号や名義を記入するだけなので、必ずしもキャッシュカードがなくてもいいのですが、シアーの場合、その場で専用の端末にキャッシュカードを読み取らせ、引き落としの手続きを済ませてしまうことができるのです。

 

私は過去の経験から、こういう時は口座番号だけ分かればいいだろうと思っていたのですが(普段、お金をATMで下ろさない口座から引き落とす予定でした)、その時はメモを持っていく方が面倒だと感じてキャッシュカードを持っていったのですが、正解でした。

 

なお、理由は分かりませんが、新生銀行のキャッシュカードはダメでしたので注意してください!

 

 

迷っていても結論は出ません!自分に合わないと思えば断ることもできますので、ぜひ気軽に体験レッスンに行ってみてくださいね!


 

>>無料体験レッスンはこちら(公式サイト)から申込みが出来ます<<

シアーミュージック広島校 基本情報

 

所在地:〒730-0017 広島県広島市中区鉄砲町8-15 八重洲ビル9F(広電本線八丁堀駅から徒歩3分)
連絡先電話番号:0120-055-349(コールセンター) ※広島校の電話番号ではありませんのでご注意ください。
コース:ボーカル&ボイストレーニング、ピアノ、はじめてのピアノ、エレキギター、アコースティックギター、話し方